芸能まとめ・おもしろい情報を集めたい。

芸能まとめを中心に、おもしろい情報を発信していきたいと思っています。

    カテゴリ:まとめ > 笑った おもしろ 画像

    えがちゃんねるは最高です。

    1 臼羅昆布 ★ :2020/03/28(土) 19:31:34.93 ID:Mh5BLgIA9.net

    2020年03月28日 18時44分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1795035/

    現在ユーチューブで大ブレーク中のお笑い芸人・江頭2:50(54)の“公約”の行方に注目が集まっている。
    江頭はかねて一方的に元SMAP・草なぎ剛(45)とのユーチューブでの共演を熱望しているが「俺、結構忙しくて、
     スケジュール開いてないんですよ。別にユーチューブでなくてもいいんじゃない?」とスカされてしまったからだ。
    こうなると、江頭はスカレートするばかりだ。
    草なぎに直接電話する動画を23日に公開したが、結果は電話に出てもらえず“撃沈”。
    留守番電話サービスに接続され「草なぎ、ユーチューブのチャンネル見たけど、お前、頑張れよ! 今収録しているけど、
     お前の登場待ってるからな! コラボしようぜ! そんなに痛い目に遭わせないから」と呼びかけるしかなかった。
    電話を終えると「電話して良かったのかな…」と一転して弱気な顔ものぞかせた。
    ネタの面白さとインパクトの強さから、かねてユーチューブ界の“最終兵器”と目されてきたが、実際に登録後、
    わずか9日間で100万人を突破と人気の高さを示した。
    それだけに「過去にはテレビの人気バラエティー番組「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系)の絡みで人気だった2人の共演は
    両者のファンにとっても、今度はどんなパフォーマンスを見せてくれるのかと興味深々」(芸能関係者)。
    だが、今のところ、草なぎは江頭とのコラボに興味がない様子。
    それを取り持つ“第3の男”として、期待されているのが同番組で2人と共演したユースケ・サンタマリア(49)だという。
    「ユースケさんがエガちゃんとタッグを組めば、可能性はまた上がる。ユースケさんもエガちゃんのことが気になっている
     そうで、全部、配信を見ているそうですからね」(テレビ局ディレクター)。


    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)

    江頭2:50


    【悲願実現へ 江頭2:50】の続きを読む

    こちらからどうぞ

    35 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2020/03/06(金) 01:23:59 ID:8waFObb90.net


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【笑った】あっちゃん似の画像連発】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/01/01(水) 11:16:43.22 ID:ALXVx3Ou9.net

    たまちゃん たまちゃん
    3時間 ago

    アンガールズ田中が、新年のお笑い番組爆笑ヒットパレードにて、あってはならない放送事故を発生させ、ネットを騒然とさせております。問題が起きたのは、フジテレビの爆笑ヒットパレードにて、ラグビーのスクラムをモチーフとしたゲーム内で発生。このゲームでは、ビニールを押し距離を稼ぐものでしたが、新年早々とんでもない物が映ってしまったようです。




    とんでもないものが映ってしまう

    この放送事故は朝の時間帯8:20頃というまさに新年早々、朝早く起きた方々がまだ完全に目覚めきっていない状況下に発生。全く誰もしない、起こるはずもない事故が起きてしまったのです。内容としては、ビニールを押すだけのシンプルなゲームですが、ビニールが異様に固く、並大抵の力で押せるものではないわけです。

    従って、後ろから後方支援でメンバーが仲間を押しあい、距離を稼ぐようですが、その際にアンガールズ田中が、あまりにも押されすぎて、顔はおろか全身があられもない姿に。

    とはいえこれはテレビ番組、万が一の事態は避けるべきではありますが、フジテレビといえば以前も生放送中にとんでもないトラブルを発生させており、前科があります。

    という不安がまさに的中。早朝しかも新年に、田中の映ってはいけないものが全国放送でしかも巨大なドアップで写ってしまったわけです。


    https://yukawanet.com/archives/tanaka202011.html


    【アンガールズ田中、爆笑ヒットパレードで放送事故を起こしてしまう】の続きを読む



    3 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/21(月) 02:28:51.87 ID:P0oI6Ahr9.net


    (出典 i.imgur.com)


    【Koki,のランウェイが大喜利状態!「毛ガニ?」「エビフライ?」】の続きを読む



    88 名無しさん@恐縮です :2019/10/10(木) 19:50:03.19 ID:9sBNScr70.net


    (出典 tv-tokyo.imgix.net)


    【指原莉乃 行って嫌な男性の部屋を告白「“やってるの?”って言わなきゃいけないじゃないですか」】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/08/18(日) 08:47:38.283 ID:DZVQQjhN0.net

    小林幸子の相棒ポケといえば?


    【小林幸子の手持ちにいそうなポケモンといえば?】の続きを読む


     俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルのKōki,が10月7日、都内で行われた『COACH×MICHAEL B.JORDAN』のコレクション発表会に参加。華やかなドレス姿を披露したのだが、おなじみの“厚底ブーツ”を履いているとしてネット上では「また竹馬乗ってる」などと失笑する声が多く上がっている。

    『COACH』は7日、アンバサダーのマイケル・B・ジョーダンと協業し、日本の人気アニメNARUTOナルト– 疾風伝』にインスパイアされたコレクションを発売。「ナルト」の大ファンだというマイケルは、性別関係なく着用しやすいデザインのものを数多く発表した。

     同発表会に参加した元『モーニング娘。高橋愛は、「ナルト」のキャラクタープリントされたTシャツに、『COACH』の代名詞的な馬車モチーフが描かれたジャケットを着用して登場。一方、光沢感のある赤いロングワンピースで登場したKōki,は、圧倒的なオーラで周囲を翻弄。報道陣の笑顔のリクエストに応えたり、身体を揺らしてワンピースに動きを出したりと“一流モデル”らしく会場に華を添えた。

     この様子にネット上では、肝心のワンピースよりもKōki,の足元に注目したようで…。
    《靴!!w めっちゃ厚底》
    《また竹馬乗ってるね》
    《もう竹馬ヒールを隠そうともしないw 靴だけで笑わせられる厚底芸人》
    《またすごい上げ底靴ですこと》
    《人気もないのに高下駄履かせて、そこも上げ底だよね》
    《本当に厚底しか履かないよねw もういいかげんモデルごっこやめればいいのに》
    《こういう厚底20年くらい前に流行してた気がする》
     などと、毎度の厚底シューズに失笑する声が続出している。

    高橋愛153センチにもかかわらず、ぺったんこの靴を履いているのに対し、公称170センチのKōki,が、高さ10センチは超えていそうな厚底シューズを履いています。Kōki,の“厚底信者”っぷりは相当で、CMで履いた草履でさえ厚底、旅をテーマにしたCMでも歩きにくそうな厚底シューズを履く徹底ぶり。もはや公称170センチは、厚底を含めた数字なのではないかと揶揄する声も出始めているようです」(芸能ライター)

     まだ16歳のKōki,。本人からすれば、何としてでもこれから身長が伸びるよう期待しているのかもしれない。


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【Kōki 厚底芸人】の続きを読む



    (出典 kininaru8.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/06(日) 21:14:56.14 ID:YYcYd8Hp9.net

    「9月29日放送のテレビ朝日のドラマ『時効警察・復活スペシャル』では“71歳にして40代の肉体を持つ人気タレント”をみごとに演じました。
    キャスティング会議では引っ張りだこの状態で、今もっともスケジュールの押さえにくい俳優のひとりですね」(テレビ局関係者)

    『凪のお暇』(TBS系)でスナックのママ役というインパクトのある役柄演じた武田真治(46)。
    最近は『みんなで筋肉体操』(NHK総合)への出演で“再ブレイク”したと言われているが、
    俳優としての評価も高まっているという。

    もともと90年に俳優としてデビューしてブレイクした後、
    96年からは『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)でお茶の間にその顔を浸透させた武田。最近でも蜷川実花(46)が監督を務めた『Diner ダイナー』に出演するなど、
    俳優としての活躍の場は以前より確実に広がっている。

    「もともと『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』出身で俳優としてブレイクした第一人者。
    演技力は故・大島渚監督の折り紙つきでした。
    その後はサックス奏者やバラエティ出演で話題になることが増えていましたが、
    『めちゃイケ』が終わったことで改めて今後の方向性を考えたようです」(バラエティスタッフ)

    そんな彼の転機になりそうなのが、10月クールから出演が決まっている『ドクターX』(テレビ朝日系)だ。

    「武田さんは音楽活動やバラエティ番組など多方面で活動してきたこともあって、他のライバルよりも引き出しが多い。そのため、“使い勝手”が良いと評判です。
    『ドクターX』で米倉さんにも気に入られれば、次のシリーズにも声が掛かるでしょう。
    そうなるとさらに人気になることは確実。争奪戦に拍車がかかりそうです」(前出・テレビ局関係者)

    今後、俳優・武田真治の活躍を見る機会が増えそうだ。

    10/6(日) 11:08配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191006-00010002-jisin-ent


    【【昔の写真はかわいい】武田真治 争奪戦勃発】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/06(日) 22:37:20.06 ID:k/DNeas89.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    女優の石田ゆり子(49)が、明石家さんま(64)に「共演NG」を突きつけた! さんまの「セクハラ大魔王」ぶりに、嫌悪すら抱いているというのだ。
    「石田は、以前からさんまを苦手としています。ズバズバ聞いてくる物言いと、弾丸スピードの喋りが彼女のペースを崩すのか、長いこと共演依頼を断ってきたというのです。
    しかし先日、その禁を破って共演したところ、絶望的に嫌いになったようです」(芸能記者)

    彼女は9月13日、バラエティー番組『さんまのまんまSP』(フジテレビ系)にゲスト出演。
    さんまは石田のほか、広瀬すず(21)らに放ったトーク内容は、それこそ「セクハラ大魔王」そのものだったという。
    「最近のさんまは“お笑い老害”とも揶揄されているほど、トーク内容も過激さがエスカレートする一方。
    芸能界だけでなく、女性視聴者からもデリカシーがないと言われています」(同)

    事実、女性不人気を証明するデータもある。情報マガジン『日経エンタテインメント!』の8月号では「好きな芸人 嫌いな芸人 2019」ランキングを発表。
    それによると、さんまは「嫌いな芸人」で1位だった。
    「番組では、すずに『結婚しよう』と冗談めかしながら口説きましたが、あれは本音ですよ。
    すずも『ちょっと…』と言いながら、だいぶ引いていましたね」(テレビ雑誌編集者)

    ただ、この日の本命はやはり石田だった。石田は同番組に17年前に出演しているが、それ以降、ピタリと出ていなかった。
    「前にも男性関係を速射砲のように聞かれ、石田が気分を害したのが疎遠になった理由のようです。
    ところが今回、再び出演したものの、前よりもヒドかったため、今後は共演NGを決めたそうです」(同)

    とにかく、石田とのトークは最悪だったと評判。独身の石田に対し、「おいくつ…」「一度も結婚なさらず…」「妹さんは結婚されてますよね」
    「なぜこんなキレイな人を独りぼっちにさせたんでしょう」と、暴言放題だったのだ。
    「普通の会社だったらクビですよ。一説には、カトパンこと加藤綾子(34)にフラれたために石田を狙うも、脈がなさそうなのでネチネチと口撃したとも囁かれています。
    石田がショックを受けたのは、間違いないです」(芸能プロ関係者)

    60歳で芸能界引退を公言したさんまだが、異性交遊も潮時か?

    http://dailynewsonline.jp/article/2030114/
    2019.10.06 21:45 週刊実話


    (出典 Youtube)

    アミダ*の唄


    【【笑った】石田ゆり子  お笑い怪獣から、〇〇大魔王まで守備範囲が広い】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/10/01(火) 19:46:26.35 ID:fY6+VzKd9.net

     お笑いコンビ、中川家が1日、火曜パーソナリティーを務めるニッポン放送「DAYS」(月~木曜後1・0)に出演。自国開催のW杯で躍進するラグビー日本代表に感嘆の声をあげるとともに、ラグビーネタを約25年続けてきたことに触れ、「やり続けてよかった」と語った。

     学生時代、ラグビー部に所属し、芸能界きってのラグビー通として知られる兄の剛(48)と弟の礼二(47)は、9月28日にアイルランド代表を下す大金星を上げた日本代表の試合に言及。剛は「日本が負けるのを見るのが嫌、後で結果だけ知ろうと思った」と試合を観戦せず、自宅の2階で寝ていたそうで、「終了のホイッスルの2分前から見て、勝ってるやんって!」。礼二も「僕も勝てるとは思っていなかった。サッカーで例えたらメッシと武田(修宏)さんの対決だった」と下馬評を覆す勝利をたたえた。

     5日にサモア代表、13日にスコットランド代表との対戦を控える。「日本はトップで通過でしょ」と剛は太鼓判。礼二は勝てるという慢心がいけないとし、「普通に見れば、我々みたいな外野の人間は、サモア、スコットランドは勝って当然やと思いますけど、その日のコンディションもある」と気を引き締めた。

     約25年前からラグビーを題材とするネタを披露してきた中川家。剛は「24、25歳くらいからやってたでしょ、ラグビーのモノマネ、かれこれ25年くらい。『わけわからんこと辞めろ』『ラグビーやってたんや、何がおもろいねん』とかいろいろ言われ続けて…。25年たってやっとこうやってね、できるようになって、やり続けるってことは大事なんですね」としみじみ。日本代表の活躍で列島が盛り上がるW杯を見て、コンビのネタを誇りに感じていた様子だった。

    2019年10月01日 16:56芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/01/kiji/20191001s00041000273000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【お笑い】ようやく追いついた。ラグビーネタ25年】の続きを読む

    このページのトップヘ